培った技術と知恵

環境と燃料の問題

車といえば日本車の優秀性と価格が評価されて、世界中を席捲したのがつい昨日のようです。しかし、日本の大手メーカーのかなりの会社におけるリコール問題で、かなり世界的にも、国内にも信頼性に疑問の持たざるを得なくなった方も、私同様にいらっしゃるかと思います。

こんな時代での車選びとなると、一番には地球環境問題、いわゆる燃料の種類。次に、低ランニングコスト。最後に居住性と価格ということになりますが、次世代の車はハイブリッドカーも所詮は経過的措置。果たしてどれがいいかは難しいところです。

そんな時に車を選ぶなら、現状では軽自動車が最適かと思います。一番最初に挙げてある地球環境と燃料の問題は、私の年齢位になると、もはや待ってはいられないという感じ。そうすると、下駄代わりの車で買い物に行くくらいにしか使わないという前提で考えていますが、断然、日常的な費用や税金、車検等が安い車がいいですね。

遠出は公共の交通機関で十分です。
そうなると、伝統的に小型車に特化してきたスズキやダイハツ、それにホンダなどが候補になるかと思います。餅は餅屋というように、そうしたメーカーには小型車に対して、培った技術と知恵があるような気がすると思います。
そのあたりが、私が日本車を今選ぶなら、という基準および候補になりますでしょうか。