一度は売買の交渉をしてみたい自動車

昔から憧れる車は

私はまよわずポルシェ。なんかありきたりなチョイスかもしれませんが、私にとって昔からポルシェは憧れの車であり、一度は売買の交渉をしてみたい自動車メーカーの1つです。
このところ日本車のみならず、海外の自動車メーカーでも、低燃費、エコロジーな車が主流になってきていますね。例えばトヨタのプリウスや日産のリーフ、ホンダのインサイト、メルセデスのブルーテックの技術などなど、各社エコロジーで魅力的な車を沢山開発しています。地球や環境のためを考えれば、ハイブリットの車は非常に魅力的だと感じる一方で、私が憧れという意味で譲れないのがポルシェ。6気筒の水平対向エンジンをリアに積んだ911シリーズは、エンジンをかけた瞬間の排気音から、他の車にない数多くの魅力を備えています。また、そのフォルムも魅力の一つ。蛙のような見た目ながら、見かけると思わず目を奪われてしまう不思議な魅力があるんですよね。